エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/06/08世にも奇妙な美容の話~恐怖のシャンプー~

こんにちはカラーリストブロガーの下田です。


もうすぐ夏がやってきますね。


夏と言えばあれです。


そう、タイトルにもある様に怪談話を今日はご紹介します。


こう見えて学生時代は西宮の稲川淳二こと下川淳二と言われていたくらいです。


怪談話をするのは十八番です。


多分かなりくだらないブログかもしれませんが暇つぶしにでも。



*心臓が弱い方や怖いのが本当に苦手な方はそっとページを閉じて下さい。


あれは梅雨の真ん中のじとーーっとした生暖かい日の事でした。


その当時の僕は美容師になったばかりで帰宅時間が日付を回ることは不思議な事ではありませんでした。


帰るとすぐに眠たくなる衝動に駆られながらも空いたお腹を満たし、風呂に入って寝る。


そんなサイクルの毎日を過ごしていました。


もちろん、親は就寝していて電気もついていない夜中の時間。


ある日、いつものように帰宅した時の出来事でした。


その日は確か家に着いたのが夜中の0時。


薄暗い玄関の明かりをつけて風呂に入ることにしたんです。


風呂場に入って軽くシャワーを浴びると僕はシャンプーを手に取ります。



みなさんはシャンプーする時、目を瞑りますか?


普通は瞑りますよね?


僕も目を瞑ってシャンプーをします。


手に取ったシャンプーを頭皮に付けていつものように手を動かし、泡立てようとすると不意に

後ろから誰かが立っているような気配を感じました。


僕は手を止めて後ろを振り返りますが誰もいません。


夜中に入るお風呂ほど怖いものはありません。


僕は嫌だなぁ、、、怖いなぁ、、、と思いながらも手を動かしたのです。


すると、違和感に気づきます。


あれ、、?なんだかいつもより泡立ちが悪いなぁ、、って。


ちょっと、シャンプーの量が足りなかったかな?と思い、再度シャンプーを手に取ります。


すると、再び後ろに気配を感じます。


背筋がゾォ~っとする様な感覚。


怖くなった僕は目を開けて後ろを振り返りますが誰もいません。


そして、付け足したはずなのにシャンプーが泡立たないのです。


なんでだ!?


怖くなった僕はササっとシャンプーを終わらせようとものすごい勢いで容器をプッシュします。


手から零れるほどの量を出しているのにいくら地肌をこすっても泡立ちません。


何度も、何度もシャンプーを付け足しても泡立ちません。


泡立て、、、


泡立て、、、


泡立て、、、


必死に頭の中で泡立てと祈りながらすぐそこまで何かが迫ってきているような感覚に陥ります。


恐怖が限界になり、僕は「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」と叫びながら

よくシャンプーの容器を確認すると空になったシャンプーのボトルの中に水が入れられていて

薄まっていただけでした。



その時、僕は心の中で思いました。


誰だよ、、、シャンプー無くなってるのに水入れて使ってたやつ、、、






いかがでしたか?


僕はそれ以来シャンプーする前に容器の中身を確認する様になりました。


もしかしたら、、、あなたの家のシャンプーの中身も親が水を入れて薄めて使っているかもしれませんよ?



人気記事はこちら。

↓↓

【ヘアカラー】ブリーチハイライトにアディクシーのブラウンを使ったら超絶キレイなソフィカラーになった話。

↓↓

【スタイル記事】オススメ夏カラーデザイン。透明感抜群ソフトグレージュ。

↓↓

そうだ野球場に行こう!!~甲子園球場編~


阪急川西能勢口駅・JR川西池田近辺で美容室をお探しの方


オフィシャルホームページWEB予約はこちら

↓   ↓   ↓


エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP