エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

WEB予約はこちら
MENU

Blog

2016/12/16カラーリストが検証する都市伝説シリーズVo.2「市販のシャンプーVSサロンのシャンプー。カラーの色持ちを良くするのはどっちだ?」

こんにちはカラーリストの下田です。


前回の都市伝説シリーズが好評だったとのお声をたくさんいただいております。


ありがとうございます。


沢山の方に読んでいただき、少しでもより良いヘアカラーライフをお過ごせればと思い書いております。


↓↓前回の都市伝説シリーズ

カラーリストが検証する都市伝説シリーズVo.1『市販の黒染めをした髪は明るくなるのか?』


さて、今回はカラーの色持ちを良くする方法ってなんですか?と最近ご質問を受けたのでこの記事を書こうと思いました。


多くの方がされるヘアカラー。


明るくしたり、暗くしたり、色味を変えたりなど気軽に雰囲気を変えれる技術ですがこんなご経験はありませんか?


せっかく美容室でカラーしてもらい、とても色が気に入ったがすぐに抜けてしまった。


この事例はかなり多いんですよ。


私もカラーリストとしてヘアカラーに携わらせてもらっていますが担当のお客様から聞いたりします。


どうしたら色持ちがよくなるのか?

 


これについて検証していこうと思います。


まず、そもそも色が抜ける原因ですが考えれることはたくさんあります。


・使用するシャンプーの洗浄力

・熱器具の使用頻度

・カラーする前のお客様の髪の状態(ブリーチを過去にされていないか?毛先のダメージ具合は?など)

・紫外線

・髪質


ざっくりまとめるとこんな感じですね。


その中でも僕が検証しようと思ったのはシャンプーの洗浄力です。


よく美容室で言われませんか?


市販のシャンプーは洗浄力が強いので色落ちが早くなりますよ~って。


しかし、果たしてそうなのでしょうか?


確かに市販のシャンプーはサロンのシャンプーよりも洗浄力が強いと言いますがそれが果たしてカラーの


色持ちを左右する程のものなのか?

 


それともあんまり色落ちには関係ないのか?


題してカラーリストが検証する都市伝説シリーズVo.2


「市販のシャンプーVSサロンのシャンプー頂上決戦。カラーの色持ちを良くするのは一体どっちだ!?」


というわけで今回も毛束を3つ用意しました。


1つは市販のシャンプーで洗います。

もう一つはAjaで取り扱っているケアブランド「Aujua」のシャンプーで洗います。


私も自宅で愛用しております「EQUIAL]のシャンプーです。


最後の一つはこれもAjaで取り扱っている毛髪頭皮補修ローションの「ペッロファイン」を付けて市販のシャンプーで洗います。



こちらも使用しておりますが個人的にはペッロファインが一番色持ちがよかったです。


この3つの中でどれが一番色持ちが良かったか?を検証していこうと思います。


その前にここでルールを決めていきます。

・1シャンプー=1日と計算して合計30回シャンプーして1か月後の色落ち具合を比較します。

10シャンプー=10日で一度比較し、20日後、30日後と比較検証していきます。

・使用する熱器具はドライヤーのみ。

コテやアイロンを使用しないので実際はこの検証結果にお客様の普段の熱器具使用頻度が足されるので検証結果と異なる場合があります。

参考程度にご理解ください。

・毛束を使用した検証なので紫外線の影響や髪質による個人差などもありませんのでこちらも検証結果と異なる場合があります。

参考程度にご理解ください。


上記のルールを踏まえた上で検証していきたいと思います。


まずは毛束を用意しました。



毛先が抜けた状態を再現し、明るくしております。



この明るくしている毛束を7トーンのアッシュブラウンで染めていきます。


こちらが染め終わった状態。


3つとも綺麗に落ち着いたカラーに仕上がりました。


この状態から果たしてどれが色持ちをよくするのか?検証していきます。


まずは10回シャンプーした10日後の状態。



10日後くらいだとどれも同じくらいですね。

それでは20日後。



少し抜けてきましたが20日後でもそんなにどれも差はありません。

案外洗浄力だけでは色落ちに関係しないのかもしれませんね。

最後に30日後。


市販のシャンプーで洗浄した毛束。


「EQUIAL]で洗浄した毛束。



う~ん、、、なんとも言えない感じですね。


というわけで検証結果をまとめたいと思います。


検証:市販のシャンプーとサロンのシャンプー。どちらが色持ちをよくするのか?


結果:引き分け。シャンプーの洗浄力だけでは明確な色落ちの差は見受けられなかった。

1ヶ月間のカラーの色落ち具合を検証しましたがどれも色落ちの感じはあまり変わらず、

明確な差がなかったのが検証結果として出ました。


ただ、検証してみて感じたのは色落ちの原因は使用するシャンプーの洗浄力だけでなく熱器具の使用頻度や

紫外線の影響、髪質や髪の状態なども影響してくるという事です。


カラーしても抜けやすいと言われる方はヘアケアが重要なのではないかと思います。


紫外線対策や乾かす前のトリートメントなどヘアケアをしっかり行いながらカラーをすることが色持ちをよくする方法かと思います。


もちろん、洗浄力だけでは色落ちの差はあまりなかったですが洗い上がりの手触りや質感は断然サロンのシャンプーの方がよかったです。


検証した期間も1ヶ月間だったので2、3か月としていけばもしかしたら色落ちの差は出たかもしれませんね。


もし、ヘアカラーの色持ちを少しでも良くしたい場合はヘアケアを中心にカラーリストと相談しながらしていきましょう。


髪質やライフスタイルに合わせたケアで素敵なヘアカラーを長持ちできるようにサポート致します。


以上、カラーリストが検証する都市伝説シリーズでした。


今後もカラーのことだけでなく髪の毛のことで巷で流れる噂などいろんな都市伝説を検証していこうと

思いますのでお楽しみに。


12月はご予約が大変混雑することが予想されますので下記の予約ページからの


ご予約がおススメです。


阪急川西能勢口駅・JR川西池田近辺で美容室をお探しの方


オフィシャルホームページWEB予約はこちら

↓   ↓   ↓


 

 


エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP