エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/01/20ランカウイ滞在記 ②ショッピング編



 こんにちは。カラーリスト山口です。

ランカウイ滞在2日目。

ホテルのテラスから見たランカウイ島の夜明けです。


こちらは日出が遅く、7時30分くらいにならないと日が出ません。

明け始めるのは7時くらいからです。

その代わり日の入りは20時くらいで、日本の夏とくらべても日の入り時間は遅いです。

朝早く起きて、朝食を食べてから街にお土産などを探しにショッピングへ出かけました。

まずはランカウイで一番大きな街「クアタウン」。

2、3時間も歩けば回れてしまう様な小さな街です。



チェナンビーチが観光客向けに出来た街であるならば、こちらは地元の人達のために活躍している街。

90%の住民がマレー系と言う事で、街はマレー系の人達で賑わっていました。

お買い物はとりあえず一番大きいショッピングモールとされているランカウイフェアで。


ローカルな例で言うと、川西アステ位な規模でしょうか‼️

ガイドのスタッフもあまり期待しないでねと言ってましたが。

言われていた通り、素朴な感じのショッピングモールです。

ビリオン・デューティーフリーが隣接しており、食料品とかも買えます。

各国のチョコレート、お菓子が免税品としてズラッとありますが、

ココのお土産~と言えるかどうか・・・。

ほぼ100%外国製。

外国人がお土産に買うというより、近隣の方向け?

そろそろ帰ろうかなーと思って歩いているとナマコ石鹸を置いているお店発見!


MountainScent(マウンテン センツ)という、

なまこ石鹸、ハーブティー、雑貨を置いています。

これぞ、ランカウイの特産品!

どこにでも置いているというものではなくて、わざわざタクシーに乗って置いているお店に買いに行かれるそうです。



ナマコ石鹸とは・・・
マレーシア近海で捕れるナマコは強い生命力と復元力を持っており、

そのオイルを使った製品にはお肌を再生する能力があります。

肌荒れ、アトピー、保湿、切り傷、火傷、虫刺され、水虫・・・

要するに家庭の万能薬としてここランカウイでは一家に1個は常備されているそう。

誰かランカウイに行くのなら、お土産に頼みたい1品!です。

カラフルなバティックに包まれていてとても可愛いです。

香りは色々。ラベンダーやローズ、サンダルウッドなど。

みんな選ぶのに必死です(笑)

ラシェンテ神戸のスタイリスト渋谷は選ぶ時でも、カメラを向ければ笑顔!ですね。


ランカウイ滞在中に思ったことは、信号が少ないということ。

しかも、ランカウイの信号は、車の交通整理の目的でしかなく横断歩道がないです。

ランカウイでは完全に車が優先です!

道を渡るのは一苦労。

根気づよく車の切れるのを待つしかない。

現地の方はどうしてるんだろう??と思ったら


答えは簡単‼️

移動はすべて、車、オートバイ、スクーター。だから、
歩いて横断する必要がない。

たぶん、ランカウイには、『歩いて移動する』という概念がないですね。

私達もタクシーに乗って、チェナンという街に移動しました。


お腹が減ってきたのでtelaga seafoodというお店でご飯を食べました。




お昼からお酒を飲みながらご飯を食べれることは幸せですね!!

5人で食べていましたが、昼からがっつりと食べていました(笑)

この大きなロブスターとても美味しかったです。



お腹いっぱい食べた後は、また歩いて街を散策しました。

次の目的地は「ガヤミナミ(Gaya Minami)」と
いう店になまこ石鹸を求め買いに行きました。

ここで作られているなまこ石鹸は、ナマコエキスの他に、

エキストラバージンオイルやエッセンシャルオイル、

ヤギミルクなどお肌に優しい天然素材でできています。

固まった石鹸を手作業でカットし、乾燥させて成分をなじませます。

梱包もひとつひとつ人の手によるもので、とても手間ひまがかかっています。

ガヤミナミの店長は現地の方と結婚した日本人女性です。

すごく明るくて親切な女性で、色々と教えてくれました。

ここでも、みんな無我夢中になって選んでいました。

おもしろいのは、それぞれ選ぶ石鹸の柄もそのスタッフの個性がでていました。

私も日本に帰って早速使いましたが、お肌がツルツルになりました。


長くなりましたので続きは滞在記③で書きます。


エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP