ラシェンテ(La Sente)神戸居留地 | 神戸居留地・三宮・元町 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

WEB予約はこちら
MENU

Blog

2018.10.10【必見!】ヘアカラーの色持ちを良くする方法 ②

前回の記事は読んでいただけましたか?

【必見!】ヘアカラーの色持ちを良くする方法 ①

 

 

 

髪のことを簡単に知ったところで、

 

ここからが本題!!!

 

 

 

一体どうすれば、

 

少しでも褪色を抑えることができるのでしょうか?

 

 

 

キーワードは、

 

キューティクル

 

 

 

キューティクルが開いたり剥がれたりした状態が

 

一番危険なのです!!!

 

 

 

 

 

では、

 

キューティクルが傷む原因と

 

対処法をみていきましょう!

 

 

 

 

 

原因①「髪を濡れたままにしている」

 

 

髪が濡れている状態の時、

 

キューティクルが開いています。

 

 

もし濡れたままの状態で寝てしまったら

 

どうなるでしょうか?

 

 

枕などの摩擦でキューティクルは剥がれ、

 

枝毛や切れ毛、パサつきの原因にもなります。

 

 

また、菌が繁殖しやすくなり、

 

フケやかゆみ、におい、皮膚病

 

などの症状を引き起こすこともあります。

 

 

 

 

→ 対処法「ドライヤーで髪を乾かす」

 

髪をドライヤーでしっかりと乾かすことで

 

キューティクルを閉じます。

 

そうすることで、

 

髪の内部の水分や染料が抜けるのを防ぎ、

 

ツヤが生まれ、指通りも良くなります。

 

 

気をつけて欲しいのはドライヤーのあてすぎ。

 

しっかりとタオルドライをした状態で、

 

すぐに根元から乾かしましょう。

 

 

 

 

 

ロングヘアの方や忙しい方は

 

毎日するのは大変かと思いますが

 

これがっとっても重要なんです!

 

 

最近は美容器具も進化していて、

 

痛みにくいドライヤーもたくさん出ています。

 

乾かす前のアウトバスは必須です!!!

 

 

その辺の情報を詳しくし入りたい方はスタッフまで!

 

 

 

つづく

 

 

ラシェンテ(La Sente)神戸居留地 | 神戸居留地・三宮・元町 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP