エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

オンラインショップWEB予約はこちら
MENU

Blog

2019.09.20美容師のコンテスト挑戦への思い

 

こんにちは。カラーリスト山口です。

有本のブログにも紹介ありましたが

先日コンテストに参加して参りました。

コンテストの詳しい内容は

ブログをご覧ください。

https://la-sente.sakura.ne.jp/news/p/711

 

 

 

私が伝えたいのはコンテストの結果も大切ですが、コンテストに”挑む”挑戦するということについて。

 

コンテストで勝ちたい!

自分の腕を試してみたい!

美容師にも、お客様を担当するサロンワークの他に、“競う場“がたくさんあります。

 

だれでも参戦できる。

それが、”コンテスト“です。

写真で競ったり、ライブで競ったり。(コンテストの内容によって色々あります)

 

コンテストに出ることは、

自分がもっている真の実力を試す事ができる良い舞台だと思います。

限られた制限時間の中で最後まで迷いなくヘアスタイルを造りあげることができるか、そして本番中の緊張感の中で新たに頭に浮かんだアイデアをすぐに迷いなく具現化できるか様々な要素がタイミングよく交わって良い結果が得られると思います。

 

何度出てもコンテストは緊張します。

特に競技開始前は。

 

競技が始まるとアドレナリンがでます。

 

でも頭の中は冷静な自分もいて、いい緊張感を心から楽しんでいます。

そんな時は必ず良い作品が生まれます。

 

今回の大会はまさにその様な精神状態で競技を最後まで終えることができました。

 

 

美容師は、技術者デビューを目指してアシスタント時代はカリキュラムに沿ってたくさん練習します。

でも、デビューした後って、どこかホッと安心しちゃって練習量が減ってしまう傾向にあります。

ここは変えていかなければいけない。

 

私達は日々技術トレーニングを行っています。

デビュー後の方が遥かに大切だから。

 

 

だから、私はコンテストやコレクションに出場してます。

常に程よい緊張感の中に自分を身を置くこと。そして新しい事に挑戦し、学ぶこと。

 

勝って結果につながれば自信になるし、負けて悔しい思いをすれば己を知ることができる。

 

撮影やヘアショー、

そして今回のようなコンテストなどで、 あーでもないこーでもないと、たくさんやり直します。

特に今回のようなコンテストとなると、次のステージの出場権を懸けて真剣勝負になるわけです。

みんな勝つために必死だし、何回も練習します。

 

私は自身の経験を通して、

そんな準備段階で繰り返し練習する。

試行錯誤の末、気付いたら出来ることが増えていた。

結局、お客様を感動に導ける”技術を磨く“ということは、サロンワーク以外の時間でどれだけ“磨く行為“をしているかどうか。

 

人より上手くなるには、人よりやるしかないから。

上手だからコンテストに出るのではなく、コンテストに挑戦するから上手になる。

上手になるから思い通りにできるようになる。

思い通りに出来る事が増えると、お客様に感動してもらえる可能性が上がる。

というように、

美容師が上手になるのは、お客様に直結する素晴らしいことだと思ってます。

 

そしてこれからもいろんなことにチャレンジし、お客様の髪を美しくするため、日々鍛錬を行い、時間と情熱を投資して身につけてきた、私達の技術に価値を感じて頂けるように精進してきいます。

 

エイジア(Aja) 川西 | モザイクボックス・川西能勢口・川西池田 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP