ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/09/17髪に合うシャンプーのおすすめの選び方!【スマホだけで】

こんにちは、ケアリストの安本です。


今ドラッグストアでも美容室でも色んなシャンプーがありますね!



キレイな髪を作り維持する上で重要なのが毎日のシャンプー!

でもどれが自分に合ってるのかなかなか難しいですよね。



ネットでも調べるといろいろ出てきます。


それはそれでいい情報なのですが、

オーガニック=安全とか、石油系・化学合成系=害とか

誤解しやすい書き方をしてる場合もあるので、注意が必要です!


今回はスマホがあればできる、

自分の髪質に合ったシャンプーの選び方をお伝えします!


 


まず誤解が起きやすいメインの3種類のシャンプーのタイプの特徴を

お伝えします。


シャンプーには大きく分けて3種類あります。

石油系・石鹸系・アミノ酸系。


 


石油系(高級アルコール系)

石油系は高級アルコール(分子が大きいアルコール)とも呼ばれ、

〇〇硫酸△△の表記になっています。

このタイプは洗浄力が強めでしっかり洗いたい人向けです。


よく石油系はダメとか、負担が大きいと言われます。

実際は世界中で最も多く使われてるタイプで日本でも大部分がこのタイプです。


石油系高級アルコール系の成分が入ってる物は危ないから使わない!

と言われる方もいらっしゃいますが、

一番多く使われている=それだけの安全性がある

ということなので、ただただ避けるまではしなくてもよいかなと思います。

広く知られている分ネガキャンも多いです。


洗浄力が高めなので、洗いすぎないように気を付ければ問題はないです。


 


石鹸系

石鹸系は石鹸です。

そのままです。


自然に近いものなので、自然志向の方が多く使われます。

洗浄力は基本的に高くありませんが、

油分を取りすぎる傾向にあり、乾燥しやすいです。


石鹸はもともとアルカリ性なので、酸リンスなど酸性のトリートメント類をしないと傷む場合があります。


水の中のカルシウムイオンと結合して髪を硬くしてしまうので注意が必要です。

 

アミノ酸系

〇〇グルタミン酸△△とかの表記が多いです。

髪と頭皮に低刺激で優しい成分ですが、洗浄力・泡立ちも弱めです。

油分も落とし過ぎないので保湿性は高いですが、高価になります。

なので市販品よりもサロン品に入ってることが多いです。


 


実際のシャンプーには

シャンプーはいろいろな成分が独自の配合で作られているので、

成分表記を見るだけでは使い心地や洗い終わった質感は分かりません。


結局使ってみないと分からないです。


テレビでもネットでも、

石油系だからダメとかオーガニックだから良いとか、

どんな髪質かという大事な部分にはあまり触れずに書かれてます。


 


シャンプーのおすすめの選び方


お近くのヘアケアに強い美容師さんに

実際に見てもらって聞くのが一番いいと思います。


やっぱりプロに髪質を見てもらって予算などに合うものを提案してもらったものは

キレイな髪になります!



それがなかなか分からなくて難しい場合のおすすめは、

それこそネットやSNSで聞いてみましょう!

大体の美容師さんは応えてくれるはずです!


Twitter、Instagram、Facebookで「ヘアケア」とか「トリートメント」で検索したらいっぱい出てくるので、

1年とか半年とか放置してない人だと新しい情報も持っていると思います。

そういう美容師さんにリプでもメッセージでも送ってみると良いです!


 

 

 


僕はいつでも受け付けてますよ!

髪質カウンセリングだけのご来店もOKですのでお気軽にご連絡&ご来店下さい!


ヘアケア美容師安本の

Facebook

Instagram

Twitter


 



ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP