ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/10/10似合わせの法則

あなたの周りにもいませんか?

いくつになっても素敵な女性が・・・

そういった女性の共通点は、自分のことをよく知っていて、

自分の見せ方を知っています。

誰でも、今までに何度も髪型を変えてきたと思います。

ヘアースタイルを変えるだけで今までのメイクが突然似合わなくなったり、

今までの洋服が似合わなくなったりしたことはないでしょうか?

逆に髪型やヘアカラーの色を変えるだけで

「なんだかいい感じ!」と思ったり、新しい自分に気づかされた経験はありませんか?

ならば、自分に本当に似合う髪型や、髪色を知っておきたくはないですか?

そこで、ラシェンテでは、お客様に本当に似合うヘアーデザインを知っていただくための

パーソナルデザイン診断を行っています。

それは、ラシェンテ独自の「似合わせの法則」です。

あくまでも、お客様に似合うものを断定、押し付けるものではなく、

まずは、自分には、何が似合うのかを知っていただくことが大事だと考えています。


それでは、ラシェンテのパーソナルデザイン診断とは、どのようなものなのかを解説していきます。

ラシェンテのパーソナルデザイン診断方法は、大きく3つのパーソナルから診断します。

①パーソナルカラー診断

②骨格診断

③顔形

これらの三つの視点から似合うヘアーデザインを診断していきます。

①のパーソナルカラーとは、どのようなものかといいますと

このような経験はありませんか?

新しくアイカラーパレットを購入し、帰ってつけてみたら

「あれ・・・?似合わない・・・。」「何か違う・・・」

その失敗の原因は、色の違いです。

肌、目、髪など一見同じように見える日本人の体の配色にも

実は十人十色の個性があり、人は皆、自分だけの

「個人的な色」を持っています。

自分を引き立ててくれる「色」です。

それがパーソナルカラーです。

これらを、肌色、瞳の色などを見て診断していきます。

パーソナルカラーは、大きく

ブルーアンダートーンとイエローアンダートーンの二つに分類されます。

「ブルーアンダートーン」は、

ベースにブルーが多く含まれた色で、ワインの赤や、レモンの黄色のように冷たい感じのする色のグループです。

一方、「イエローアンダ-トーン」は、

ベースにイエローが多く含まれた色で、鳥居の赤や、バナナの黄色のように、暖かい感じがする色のグループです。

また、このブルーアンダートーンと、イエローアンダートーンは、更に二つに分類することができます。

「ブルーアンダートーン」には、パステルサマーとブリリアントウィンターがあります。

「イエローアンダートーン」には、

ブリリアントスプリングとディープオ—タムがあります。

簡単にまとめると

スプリング  オータム   サマー  ウィンターと4タイプに分類することができます。

この4シーズンでその人、個人の色を診断し決定していきます。

これらは、ヘアカラーの色を決定するものではなく

ヘアカラーの「質感」や

この4シーズンによって、その人のイメージ(女性像)まで診断できます。

例えば、スプリングさんの場合は

女性像のイメージは、「キュート」「フェミニンキュート」「マニッシュラフ」です。

似合うヘアカラーの質感は

「ブライト」 「ペール」 「ライト」となります。

これが、「スプリングさん」に似合う、女性像とヘアカラーの質感です。

↓↓↓

女性像は、「マニッシュラフ」、ヘアカラーは「オレンジベージュ」でデザインしました。

何でだか、似合っているでしょう!?

このように、似合わせるには、理由があるのです。

これは、パーソナルカラーだけでの診断ですが、

もっと、突き詰めていくこともできます。

それでは、次に②の骨格診断は、どのようなものかといいますと。

このような経験ありませんか?

皆が着ている「あの」アイテム、なんで私には似合わないの???

雑誌に載ってる着やせコーディネート、マネしても似合わないのはなぜ???

骨格診断とは、客観的な「その人の似あうファッションスタイル」を探す技術です。

骨格診断には、本来持ってる体型の「質感」「ラインの特徴」を基に

3つのタイプに分類し、自身のプロポーションやインプレッションを、

より美しく引き立てる「ファッションアイテム」「着こなし」を導き出します。

骨格診断では、似合うスタイルを

・ストレート

・ウェーブ                *ストレート、ウェーブ、ナチュラルとは、髪型のもではなく体型のことです。

・ナチュラル

の3タイプに分類します。

「ストレート」=スタンダードな品格のあるスタイルが似合うタイプ

「ウェーブ」=華やかで可愛らしいスタイルが似合うタイプ

「ナチュラル」=ラフで大人カジュアルなスタイルが似合うタイプ

これらは、ファッション、着こなしの話だけでなく

*髪型(フォルム)にも同じことが言えます。

それでは、これらの3タイプは、どのような特徴があるのでしょう。

ストレートさんの特徴です


筋肉がつきやすく、

メリハリのある肉感的な体型が特徴です。いわゆる「ボン・キュッ・ボン」のダイナマイトボディになれるのも

ストレートタイプ。

全身のバランスは重心が上の方にあります。 ストレートタイプの有名人・芸能人

藤原紀香さん、米倉涼子さん、小泉今日子さん、小池栄子さんetc...



ウェーブさんの特徴です

肌の質感はふわふわして

脂肪のやわらかさを感じさせます。

骨が細く平面的な体型で、

筋肉より脂肪がつきやすい。

全身のバランスは下重心。

ウェーブタイプの有名人・芸能人

松田聖子さん、杉本彩さん、神田うのさん、佐々木希さんetc...


 ナチュラルさんの特徴です

骨感や関節の大きさが目を惹く

がっしりした体型。 身長の割りに手足が長い。(長身とは限りません) 節々のパーツに力強さを感じる。

凹凸が少なく重心のかたよりがない。

ナチュラルタイプの有名人・芸能人

天海祐希さん、今井美樹さん、アンジェラ・アキさんetc...

このように分類できます。

これらを実際にどのように、お店で、お客様に診断していくのかというと

Check 1. 胸板の厚みは?

 A 厚みがあり立体的、バストトップ高め

 B 厚みがなく平面的、バストトップは低め   

 C 厚みもよりも、肩のラインや骨が目立つ

Check 2. 筋肉や脂肪のつき方は?

A 筋肉がつきやすく二の腕や太ももの前の筋肉が

  張りやすい

B 筋肉がつきにくく、下半身に脂肪がつきやすい

C 筋肉よりも骨格や関節のしっかり感、骨太さが目立つ

Check 3. 首から肩にかけてのラインは?

A 首はやや短めで、肩まわりに厚みがある

B 首は長めで細く、肩まわりが華奢で薄い

C 首は長めで、首の筋がしっかり見える


Check 4. 鎖骨の見え方は?

A あまり目立たない

B うっすらと出ているが、骨は小さい

C はっきりと出ていて、骨が大きい

Check 5. 肌の質感は?

A 弾力とハリのある質感

B ふわふわと柔らかい質感

C 皮膚が硬めで関節や筋が目立つ

Check 6. 腰からおしりのシルエットは?

A 腰の位置が高めで、腰まわりが丸い

B 腰の位置が低めで、腰が横に広がっている

C 腰の位置が高めで、おしりが平板で細長い

Check 7. 着るとほめられるアイテムは?

A シンプルなVネックニット・コットンシャツ・テー 

 ラードジャケット・センタープレスパンツ・膝丈タ 

 イトスカート

B ふんわりブラウス・ビジュー付きニット・フレアス

 カート・ストレッチパンツ

C 麻シャツ・ざっくりニット・ロングスカート・デニ

 ム

Check 8. 苦手なアイテムは?

A チュニック・ハイウエスト切り替え服・シワ加工や

 ダメージ加工・重ね着コーデ

B シンプルなVネック・ローウエスト切り替え・デニム

 やワイドパンツ・着丈の長い服  

C かっちりしたスーツ・身体にぴったりする服・シン

 プルで小さい靴・着丈の短い服

このように、実際お客様の骨格を見て診断していきます。

わかっていただけたでしょうか?

あなたは、どれにあたりますか?

以上は、服の着こなし、ファッションついての「似合う」もののお話でしたが

これらは、髪型(フォルム・髪の動き)にも同じことが言えるのです。

例えば、「ウェーブさん」でいうと

ウェーブさんの似合うファッションは

華やかで可愛らしいスタイルが似合うタイプ

着るとほめられるアイテムは?

ふんわりブラウス・ビジュー付きニット・フレアス

つまり、これらのファッションに似合いそうなヘアースタイルが

その人に似合う「髪型」=「フォルム」ということになります。

例えば、丸いフォルム、柔らかい髪の動き、なめらかなカットライン

で構成された髪型が似合うことになります。

これが、「ウェーブさん」に似合う髪型の一例です。

↓↓↓

フォルムは、前上がりのグラデーションスタイル

顔回りには、たっぷりとレイヤーを入れて

全体の質感を、緩やかな曲線で構成しました。

ふわふわとした、このような甘い雰囲気のヘアースタイルがとっても似合います。

今まで、パーソナルカラー診断と骨格診断を分けて解説してきましたが

実際は、パーソナルカラー診断と骨格診断は、合わせて行います、

パーソナルカラー診断でけでは、不十分なのです・・・

実は先程の写真

この、デザインは、パーソナルカラー診断と骨格診断を合わせて、デザインしました。

パーソナルカラー診断では、「スプリングさん」

骨格診断では、「ナチュラルさん」でした。

なので、総合イメージは、「マニッシュラフ」と診断されたので、

ヘアカラーは、ライトなオレンジベージュで

ヘアースタイルは、重心の凹凸の少ないボブで、ラフな動きで仕上げました。

自然に似合っているでしょう?!

それでは、もう1タイプ紹介しましょう。

こちらの女性は

パーソナルカラーは、「ウィンターさん」で

骨格は、「ストレートさん」です。

なので「ウィンター」×「ストレート」の総合イメージは、

「シャープ/イノセント」です。

「ウィンターさん」に似合うヘアカラーは、ダークカラーです。

「ウィンター×ストレート」に似合うフォルムは、タイト、縦長ライン、前下がりウェート、ウェット質感です。

それが、このような、ヘアーデザインとなりました。

いかがでしょうか?

これらは、私達美容師の感覚だけで作るのではなく

似合わせを理論化しております。

なので、絶対に似合うという根拠があるのです。

ここまでくると、 

だんだんと、その人に似合うヘアースタイルが、解き明かされてきました。

これで、その人に似合うヘアカラーも、髪型も決まりましたが・・・

お客様にとって、大事なのは、前から見た感じなのですよね・・・

全体の雰囲気はいい感じなんですけど、何か顔にしっくりこない・・・

ここような経験はありませんか?

そうなんです、顔回りの髪型にも似合う法則があります。

それでは、ここから、

③顔形と顔回りの「似合わせ」を解説していきます。

  □ 

この場合、顔回りのヘアーデザインをどう作るのかではなく

顔の形をどう見せるか?という考え方が重要です。

一般的にバランスの良い顔形は、卵型と言われています。

世の中の顔形には、

丸顔、面長、三角、逆三角形、ホームベース型と様々です。

でも、顔形を変えるには、無理があります・・・

そこで、顔回りのヘアーデザインによって、

顔形をできるだけ、卵型に見せるテクニックを用います。

例えば、丸顔がコンプレックスなひとの場合

前髪の奥行は深め

前髪は、斜めに下す

前髪の軽さは軽めに

前髪に少しの流れをつける

フェースラインに緩やかな動きをつける

そうすることで、顔形が卵型に見えてきます。

このように、

パーソナルカラー  骨格  顔形 似合わせ三要素を診断することによって

その人に、本当に似合うヘアーデザインがわかります。

これが、ラシェンテ オリジナル 「似合わせの法則」です。

 いかがでしたか?

始めに述べたように、これらは

あくまでも、お客様に似合うものを断定、押し付けるものではなく、

まずは、自分には、何が似合うのかを知っていただくことが大事だと考えています。

自分には、何が似合ってるのかを知った上で

トレンドを楽しんだり、好きなデザインを楽しんだりすると、もっと素敵になります。

「自分に本当に似合う髪型」を

探している人、きっと世の中には沢山いらっしゃるのでは、ないでしょうか?

ラシェンテに来ていただければ、診断させていただきます。

きっと、あなたに似合うオンリーワンの髪型をお探しします。

ディレクター黒木でした・・・

ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP