ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2016/11/29【ヘアケア専門の美容師による】冬の髪&頭皮の乾燥対策!

こんにちは、ヘアケアリストの安本です!


かなり寒くなってきましたね。

みのおキューズモールでもクリスマスツリーが出現しました!



僕はクリスマスツリーを見ると冬になった感が倍増します。

積もらない程度に雪が降ってほしいなぁ。


今年はノドの風邪が流行ってますが、空気がかなり乾燥してるのも原因の一つのようですね。

ヘアケアリストからすれば空気が乾燥すると自分のノドよりも、髪の乾燥の方が気になってしまいます。

しかも、乾燥するのは髪だけじゃなく頭皮も。


どうせならいい気分でクリスマスや年末年始を過ごしていただきたいので、ルンルン気分でイベントを楽しめるように乾燥対策をお伝えいたします!


目次

冬の髪&頭皮の影響

これらの原因は何なのでしょうか?

乾燥の原因は

シャンプー

乾かし方

スタイリング

日中のケア

まとめ


冬の髪&頭皮の影響

冬は髪がパサつきやすかったりお肌や手も荒れやすかったりしますよね。

毛先は絡まりやすく、静電気で広がってしまう方も多いですよね。


髪だけでなく頭皮も乾燥してかゆみが出たりフケが出たりします。


いろんなお悩みがそれぞれあると思います。


これらの原因は何なのでしょうか?

実はほとんどが乾燥によって起こってることなんです!


パサつき  →乾燥によってCMC(髪の細胞をくっつける接着剤のような役割と水分を保持する役割)がなくなるから

絡まり   →CMCがなくなって髪の細胞が減り、枝毛が増えるから

静電気  →絡まると摩擦で静電気が発生し。髪内部の水分が減少すると発生した静電気をうまく逃がせなくなり溜まりっていきます

フケ    →皮膚表面の油分の膜(皮脂膜)が減少し皮膚表面の細胞がぽろぽろと落ちるから

頭皮やお肌のかゆみ →皮脂膜が減少し表皮の水分が逃げてしまう


つまり乾燥しないようにすればこれらの悩みは消え去ってしまうんです!


乾燥の原因は

エアコンの風

シャンプー

乾かし方

スタイリング

日中のケア


ざっとこのぐらい思い浮かんできました。

これらをどうやっていけばいい状態になるかそれぞれ説明していきます!


シャンプー

エアコンの風については出来るだけ直撃を避けるようにするぐらいなのでシャンプーの仕方から。


シャンプーでは特に頭皮が乾燥してしまいやすいです。

頭皮にかゆみを感じたりフケが出たりしてる方はお湯を少しぬるめにしましょう。

温度が高いほど油分を流してしまうので乾燥がすすみます。


温度が決まればまずはお湯でしっかりすすぎましょう。

頭が濡れればOK。ではないんです。

シャンプー前のすすぎだけで実は汚れの8割は落ちます。ここでできるだけ汚れを落としましょう。

シャンプーをつけて洗うのは残り2割の汚れをササッと落とすイメージで軽めに。

シャンプーをしっかりやりすぎると皮脂膜も落としてしまいかなり乾燥します。

この時にあくまでも頭皮を洗うようにしましょう。毛先まで泡をたっぷりつけてわしゃわしゃすると、毛先には皮脂膜はあまりないのに完全に落としてしまいます。


僕の頭皮の乾燥対策におすすめのシャンプーはこちらです。

http://www.aujua.com/products/agingspa.php

髪の乾燥対策はこちら。

http://www.aujua.com/products/quench.php


乾かし方

お風呂から上がったら乾かしますよね?

毎日乾かしてはいない。。という方はまずここからしましょう。

乾かすようにするだけでかなりサラサラヘアーに近付きますよ!

髪は濡れてるあいだは内部から水分が流出し続けています。ずっとパサパサになっていってるのです。

出来るだけ早く乾かしてうるおいをキープしましょう。


乾かす前には洗い流さないトリートメントをつけるのも重要です。

表面を保護してくれるものであれば傷んだ部分からの流出も防いでくれます。


スタイリング

普段よくコテやアイロンを使う方は注意が必要です!


巻いたりしてる時に髪から湯気が出たりしませんか?

あれは髪の水分が熱によってとばされたものなので、内部の水分は減ってしまいます。

設定温度を下げると他にもいい面があります。


髪はタンパク質でできてます。タンパク質はだいたい60℃を超えると溶けて固まってしまいます(熱変性)。

卵やお肉を焼くと固まって、冷めても戻らないのと同じです。

コテの温度が150℃では健康な髪の表面は105℃近くまで上がります。これぐらいなら長くあてすぎなければまだ大丈夫です。

これが180℃だと髪表面は120℃近くまで上がるので、かなりスピーディーでないと相当の負担になってしまいます。

高くても150℃までにしましょう。


熱ダメージをかなり抑えられる奇跡のコテ

http://bioprogramming.jp/beauty/hairbeauron-curl/


日中のケア

最後は日中のこまめなケアです。

家でしっかりケアしていい状態で出ても、仕事中や外出先で時間が経ったときに気になってきた。。

そんなことはよくあると思います。


そんな時は、気になったときにこまめに洗い流さないトリートメントなどを少しつけましょう!

外出先では、気軽にサッと使えて手も汚れないミストタイプがおすすめです。

車移動でエアコンに当たった後、デスクワーク中に気になったとき、などなど

いつでも毛先にシュッとする。

こまめなことの繰り返しがサラツヤヘアーを作ります!


保湿&サラサラにしてくれるプラチナ粒子配合ミスト

http://www.aujua.com/products/winterdry.php


まとめ

長くなってしまいましたが全部一気にできなくてもまず一つできることから始めるだけでもかなり変わります!


少しぬるめのお湯でしっかり頭を流す

シャンプーはサッと軽めに

洗い流さないトリートメントをつけてできるだけ早くかわかす

コテやアイロンは温度低めで

日中気になったときにこまめに


今回は乾燥対策として、いろんな面から乾燥しにくくなるような方法をお伝えしました。

枝毛を気にして下を向くよりも、髪がキレイになって上を向いて冬のイベントを楽しめるようになるといいですね!



この記事を書いた人

ヘアケアリスト安本

http://la-sente.com/minoh/staff.html#19

Twitter:https://twitter.com/lasenteyasumoto

Instagram:https://instagram.com/ysmt_e/

お悩みのご相談やご質問がございましたらお気軽にご連絡ください!





ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP