ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/04/15【ホームケアだけで!】髪の紫外線対策


ケアリストの安本です!


ぽかぽか暖かく春っぽくなってきましたね!


髪にとっても乾燥しやすい冬を越えて状態がよくなってくると喜ばれる方もいらっしゃいますね!


でも冬が終わってもまた別のお悩みも出てきます。。


あの有名な紫外線です!


お客様からも

「冬が終わったのにまだパサパサするけど、これって紫外線のせい?」とか

「まだ暑くないから紫外線対策はしなくてもいい?」とか

紫外線に関する質問が増えています!


なので今回は紫外線と対策方法について書いてみます!


・紫外線の髪への影響は?

 1.キューティクルがはがれる!

 2.活性酸素による酸化ダメージ!

・気になる紫外線の対策方法は?

・まとめ




・紫外線の髪への影響は?

1.キューティクルがはがれる!

髪には一番外側にキューティクルといううろこ状のバリアがあり、

そのおかげで髪内部のたんぱく質や水分油分が流出するのを防いでくれています!

ですが、紫外線が髪に当たるとキューティクルが壊されてしまいます!


キューティクルを作るアミノ酸の一部が紫外線をかなり吸収しやすく流出してしまい、

そこからだんだんと広がっていきます。


するとそのキューティクルの穴から髪内部のたんぱく質などが漏れ出てしまうわけです。


2.活性酸素による酸化ダメージ!

もう一つ重要なのが紫外線により発生する活性酸素です!


髪の内部にある水分に紫外線が当たるとヒドロキシラジカルという活性酸素の一種が発生します。

これもまたキューティクルに酸化ダメージを与えます。

日本は高温多湿な環境で紫外線量が多いためヒドロキシラジカルがかなり発生しやすいです!

・気になる紫外線の対策方法は?

ではどうすれば紫外線ダメージを抑えてケアできるのか。

上に書いた紫外線で傷む原因をなくして、キューティクルの穴を補修してあげればいいんです!

たんぱく質の流出がおさまってきたら、失った成分を内部にいれてあげればまたツヤツヤな髪になります!


・まず紫外線の内、キューティクルのダメージに大きくかかわるUV-Bをカット!

・キューティクルが傷んでる=ツヤが出にくいなので、

保護成分(髪の最表面にあるオレイン酸を含むプルーンオイルなど)で護る!


・キューティクルがはがれたり割れたところには、

毛髪補修成分(紫外線ダメージで流出するアミノ酸を多く含むミルクプロテインなど)で補う!

・髪内部で発生するヒドロキシラジカルによる酸化ダメージを抑えるには、

抗酸化作用を持つ成分(ポリフェノールを含む成分ヒマワリ種子エキスなど)でツヤを保つ!


これらを毎日行うことで少しづつですが確実に、紫外線に強い髪になっていきます!

ただ、このケアをしてちょっとずつ良くなってはいるけどもっと早くキレイにしたい!という方は、

併せてお店でのトリートメントもお勧めします!


紫外線のダメージで流出したたんぱく質などは少しづつ髪に入れてもなかなか残ってくれません。

サロンケアトリートメントでガツンと入れてからお家での紫外線ケアをするとすぐに効果がでます!


・まとめ

ラシェンテ全店で今の髪の状態を診断してケア方法を提案するケアカウンセリングを無料で随時行っておりますので、

ぜひ一度お越しください!

デイライトシャワー:髪専用紫外線プロテクトスプレー

紫外線カット成分ルワンディフェンサー、毛髪保護成分プルーンオイル配合

\1300


デイライトミルク:紫外線ダメージケアミルク

キューティクル保護成分ミルクプロテイン、毛髪補修抗酸化成分ヒマワリ種子エキス配合

\2810


サロントリートメントAujua

6000通り以上の組み合わせの中からお客様一人ひとりにあったケアをするオーダーメイドトリートメント

\3240


ラシェンテ(La Sente)みのおキューズモール | みのおキューズモール・箕面・千里中央 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP