ラシェンテ(La Sente) 神戸三宮 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2018/02/05【美容Q&A】 毎日ドライヤーで乾かさないといけないの?乾かさないとどうなる??

 アシスタント清水です。

 

お客様の素朴な質問にお答えする

 

「美容Q&A」のコーナーです。

 

今回はお客様からの素朴な質問でもっとも多い

 

「そもそも毎日どうしてドライヤーで乾かす必要があるの??」

 

そんな質問に対しての考えをお答えしようと思います!!

  

 

 

 

〜目次〜

【Q】 ドライヤーで髪の毛を乾かさないとどうなるの??

【A】 コンディション

1、キューティクルがはがれやすくなる

2、頭皮の匂いが変わる

3、ヘアカラーの色持ちが悪くなる

4、髪の毛が必要以上に乾燥しやすくなる。

 

【Q】 ドライヤーで髪の毛を乾かさないとどうなるの??

 

【A】 毎日の小さなダメージが積み重なり、気づいたら髪の毛のコンディションが悪くなる!?

 

仕事終わって帰宅後、お風呂上がりのドライヤー。

 

疲れてるし眠いし暑いし乾かすの面倒くさい・・・

 

寝る前の貴重な時間を、

 

ドライヤーで髪を乾かす時間が、、、

 

「1日くらい大丈夫だよね、、」

 

って、思うことありませんか?

 

 

確かに1日くらいではさほど変化はありません。

 

翌日朝のスタイリングが大変なくらいで、

 

髪の毛への負担は微々たるものです。

 

しかし、

 

「1日くらいなら大丈夫」が2日、3日・・・

 

気が付いたらドライヤーで乾かさずに寝るのが習慣になっていた。

 

という人も多くいるのではないでしょうか?

 

髪の毛を乾かさない、自然乾燥させるということは髪の毛にほんの少しづつ負担を与えていることです。

 


そのほんの少しの負担が積み重っていけば、

 

気づいたときには取り返しのつかない髪の状態になることだってあり得ます。

  

習慣とは、毎日繰り返してやってきたことが当たり前になる事。

 

それをしないと、調子が悪い、気持ち悪いと思うようになる事。

 

ドライヤーで毎日乾かすという習慣

 

 

 

当たり前のように聞こえますが、とても大切になりますよ!!

 

では、具体的にドライヤーで髪を乾かしておかないと何が起こるのか?

 

紐解いて紹介していきますね!

 

 

1、キューティクルが剥がれやすくなる

 

髪の毛は水分を含んだ状態では、膨潤といって膨らむ性質があります。

 

この時にキューティクルも同時に膨らんで、

 

キューティクル同士の隙間が空いた状態になっています。

 

そしてこの状態のまま放置、

 

自然乾燥させていくと、

 

キューティクルの端がめくれ上がるような状態で乾燥します。


 

キューティクルは再生する事はほぼ無いので、

 

剥がれてしまえば代わりに人工的に外部からの補修するしかありません。

 

コーティングなどをして疑似的に

 

キューティクルの役目を果たすことも可能ですが、

 

キューティクルが再生する事はありません。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かさないということは、

失うと取り戻せないものを失いやすくする状態に導いているということです!

 

2、頭皮の匂いが変わる

 

匂いが変わるのは嫌ですよね、、、、

 

髪の毛や頭皮に水分が残った状態のまま、

 

長い時間放置するわけなので頭皮や髪に雑菌が湧きやすくなります。

 

  

頭皮がいつも生臭い匂いがすると感じている方、

 

しっかりと乾かせてますか?

 

毛根に雑菌が入ると毛根にダメージになる可能性もあがり、

 

髪を作る機能が失われる可能性もあります。

 

頭皮は程よく乾かし、健康な状態を保ちましょう。

 

そうすることで、頭皮のいやな匂いも改善されていきます!

 

3、ヘアカラーの色持ちが悪くなる

 

サロンで綺麗に染めたヘアカラーは、

 

いずれ必ず落ちて退色していきます。

  

さらに髪の毛が濡れている状態は、一番ヘアカラーが退色しやすい状態です。

 

 

 

  

髪の毛が濡れているとキューティクルが開いた状態なので、

 

カラーの染料と共に元からある内部物質も流失しやすく、

 

結果髪のコンディションが著しく悪い状態になる可能性があがります。

 

髪の毛が必要以上に乾燥しやすくなる

 

髪の毛を自然乾燥をするとキューティクルが開いた状態のまま、

 

髪が乾くので髪の内部の水分も蒸発しやすくなります。

 

髪には程よい水分量が必要ですが、

 

乾燥しすぎると静電気や髪のか硬くなるなどマイナス要素の引き金となります。

 

ドライヤーできちんと乾かす事によって、

 

髪の内部に程よい水分量が保たれつつ髪を乾かす事が出来ます。

 

もちろん髪の状態によっては、

 

洗い流さないトリートメントやインバストリートメントの

 

集中ケアなどでのサポートが必要な場合があります。

 

 

ドライヤーで乾かさない場合の主なマイナス点をお答えしましたが、

 

ドライヤーでの過度の乾かし過ぎや、必要以上のブローなども

 

かえってマイナス要素なので気を付けましょう。

  

細かくやっていくのは大変なので自分の髪にあった扱い方は、

 

私たちに相談していただければ

 

それぞれにあったドライヤーの方法をアドバイスさせていただきます!

 

気軽にご相談くださいね!!

 


ラシェンテ(La Sente) 神戸三宮 | 美容院 ラシェンテ(La Sente) トータルビューティー
PAGETOP