ラシェンテ(La Sente)心斎橋 | 大阪・心斎橋・南船場 | 美容院 ラシェンテ(La Sente)トータルビューティー

メンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU

Blog

2017/10/17ヘアカラーの疑問 私は何カラー?

またまた

真面目なお時間がやってきました・・・。

今回のテーマはヘアカラーの疑問です。

「私は何カラー?」 ってお客様にたまに聞かれます。

ドキッとしますね・・・。

カウンセリングでうまく伝わっていなかったのか?

はたまたカラーのネーミングを問われているのか・・・。?

 

「何カラー???」って聞き返してみました。

そしたら意外にもとてもケミカルな答えが返ってきたのです

カラーの成分とかどういう原理で染まってるの?とか

全部ひっくるめて 何カラー? って聞かれてて

要は、お客様が求める 安心安全の部分なんですよね きっと

美味しそうな肉料理 店員さんに聞くんですよ・・・。

「これ何肉?」 そしたら店員が 「ロースです!」って

お客様が求めてる答えは 国産か外国産か? 中国産じゃないよね?

って事なんです。

 

 

カラーリングでもそこんとこハッキリさせておこう

って感じのブログになりますので。 

興味のある方は是非ご覧ください。 


  

【医薬部外品?化粧品?】 

 

まずここが大きな分かれ道、そもそもヘアカラーは全部一緒の

イメージが強すぎて 美容室で普段使っているカラー剤とかは

医薬部外品にあたって 市販で売られている ヘアマニュキアや

カラーシャンプー ボタニカルカラー カラースプレー カラークレヨン

とかは化粧品扱いになります!

何が違うの??って言われたら簡単にいうと・・・。

 

【永久染毛剤と半永久染毛料】

の違いなんです。 永久的に染まり続けるか?と言われると

微妙なところなんですが、形式的には普段しているヘアカラー

なんかは永久染毛剤がほとんど、

半永久とか一時的染毛料とかは字のごとく一時的なもの

ヘアマニュキアなんかもシャンプーする度に色が出てきたり

だんだん色が薄くなったりしてくるし、カラースプレーとか

カラーマスカラとかは本当、その日だけカバーできたらOK

みたいなもんですよね。 

 

  

 

次にみなさんが気になっている美容室で行うヘアカラーは?

の部分も大きく分かれていますのでご紹介

耳慣れない言葉がたくさん出てきますが

へー ふーん そーなんだー ぐらいでご覧ください。 

 

【酸化染毛剤】 

 

一般的におしゃれ染めや白髪染めの事を言います。

普段美容室で行っているカラーの大半がこれに属します。

合成染料型と言われ、酸化染料がコルテックス内で、

過酸化水素水による酸化重合反応を起こし、色素を発生させます。

 

 

 


 

特徴
・色は2~3か月持続する。
・黒色の毛髪も明るく染毛できる。
・人によってはかぶれることもある。(そのためパッチテストが必要。)
・紫外線による退色がある。

 

酸化染毛剤には、1剤と2剤があります。

1剤には、主にアルカリ剤、酸化染料、調色剤(カプラー)、

直接染料な どが配合されています。


2剤には、主に過酸化水素水が入っています。

 

まずアルカリ剤がキューティクルを開き、その隙間から酸化染料が入ります。

コルテックス内に入っ た酸化染料は、第2剤に配合されている過酸化水素と反応し、

これによって巨大な色素の分子が作られ、 色素はコルテックス内に長くとどまります。

過酸化水素水は、髪の中にあるメラニンを分解する働きがあります。

そのため毛髪の明度を上げながら毛を染めることができ、黒く染める「白髪染め」から、

暗い髪を明るく染める「おしゃれ染め」まで、幅広い染毛ができます。

過酸化水素水は、メラニンという黒い色素を分解するので(⇔明るくするので)、

白髪染めのように暗く染める場合は、過酸化水素水の濃度(オキシ濃度)は小さくても良く、

逆に髪を明るく染める場合は、オキシ濃度を大きくする必要があります。

 


 

【非酸化染毛剤】 

  

最近市販のカラー剤なんかでも傷みにくい

とか酸化染毛剤じゃない!とかで売り出していますが

おすすめはできませんね。なんでしょう、おしゃれじゃない!

私、真っ黒でいいし!白髪染めたいだけなの!

って人はいいのかも・・・。

コルテックス内で、鉄イオンとフェノールの反応により、 色素を発生させる。

 

 

 

特徴
・かぶれやすい人にも使える場合がある 
・脱色作用がないため、黒または黒に近い色にしか染まらない。 
・パーマがかかりにくいこともある。(鉄イオンが残存する影響で) 
・髪の手入れが不十分な場合、髪を傷める可能性がある。

 

 

【脱色剤・脱染剤】 

 

次に脱色、脱染ですが、脱色剤はブリーチとも呼ばれ、一般的にもよく

耳にする言葉だと思います。メラニンを 分解するもので、

原料として過酸化水素水(H2O2オキシドールとも呼ぶ。)が用いられています。

ちなみに強い酸化力を得るために、過酸化水素水にアンモニアを加えます。

髪を染めるとき、刺激臭がするのはアンモニアのせいです。

刺激臭を打ち消すために、さらに香料を加えることもあります。

 

ブリーチと脱染剤の違いは?

そもそも、髪の毛にはメラニンという色素が含まれています。

このメラニンが日本人の黒という色を作っているのですが、分解されることで

茶色、黄色、白色というように変色していきます。

ブリーチや脱染以外のカラーは髪の内部のメラニンを分解しながら、

人工的なメラニンを髪の内部に浸透させることで、アッシュやピンクなどといったカラーを表現しています。

ブリーチは、この元々髪の毛に含まれているメラニンと、

今まで髪に施してきたカラーの人工的なメラニンの残りの両方を分解する力があります。

しかし、脱染は今まで施してきたカラーの人工的メラニンは分解することができますが、

元々髪の毛が含んでいるメラニンは分解することができません。

ヘアカラーがブラウンの人をダークブラウンにしたとして、

その人にブリーチを使えば金髪になりますが、脱染剤だとブラウンまでにしかならないというわけです。


では次に半永久染毛剤に注目してみるとしましょう!

 

【半永久染毛剤】 

 

カラーリンス、カラーマニキュアがこれにあたります。

毛髪のキューティクルに、染料をコーティングします(イオン結合を作る)。

注意したいことは、マニキュアを皮膚に付けないことです。付いてしまうと、落ちにくいです。

脱色を行わないので(⇔メラニンを分解しないので)、髪へのダメージは比較的小さいですが、

表面に吸着した色素が剥がれ落ちるときに、キューティクルまで剥がれてしまうことがあります。

 

・色持ちは約2~3週間。 
・かぶれ、髪の傷みがあまりない。 
・シャンプーによって、少しずつ色落ちする。汗などでも色落ちする場合も。 
・ベースの色が暗い場合、極端に明るくすることはできない。
・皮膚に染まりやすく、付くととりにくいので、扱う際は注意が必要。

 

半永久染毛剤も少し種類が別れます。それがこちら

酸性染料・・・アニオン(-の電荷、負電荷、陰イオン)を持っている。

髪表面のケラチンタンパクのカチオン(+の電荷、正電荷、、陽イオン)と結合(イオン結合)することで染着します。

分子が大きいので髪の内部には浸透せず、表面や浅い部分に染着します。

髪に染着しづらいのでベンジルアルコールやエタノールなどの有機溶剤を多く使用します。

アルコールなどを多く配合されている整髪剤などを使うと色落ちし易い傾向にあります。

 

 

塩基性染料・・・カチオン(+の電荷、正電荷、、陽イオン)を持っている。

髪表面のケラチンタンパクのアニオン(-の電荷、負電荷、陰イオン)と結合(イオン結合)することで染着します。

分子が大きいので髪の内部には浸透せず、表面や浅い部分に染着します。ほぼHC染料と一緒に使います。

ダメージヘアは-傾向になるともいわれており、より強く結合するともいわれる場合があります。

 

  

HC染料・・・+、-の電荷を持っていないので髪の表面には染着しません。

分子が小さいのでキューティクルをいじらず隙間から髪の内部へ浸透して水素結合や分子間力によって染着します。

酸性染毛料では難しかったカチオン性界面活性剤との相性が良いため、

高いトリートメント性を持たせたカラートリートメントとしての商品化が可能になりました。

  

 

 

髪は同じ数だけ+と-の電位を保有しています。

よくダメージが大きくなると-の電位が大きくなると言われますが、

-だけが大きく増えることはありません。

 色もちちが1週間程度なのは、キューティクルを強制的に開いて

髪の内部で染料を酸化重合させて発色させていないからです。

自然な形のキューティクルの隙間から染料を入れて発色していますので、

シャンプーの時に少しずつ流れ出てしまいます。

キューティクルを溶かすような強い配合の薬品を使わないので髪や頭皮は痛みません。

  

とまぁこれぐらいでいいでしょうか?

これらの薬剤、染料、を使ってカラーリストはカラーリングを行うわけですが

それぞれ、濃度、量が様々で、髪の状態や、痛み具合などを考慮して

その分量を決めていきます。そして最適なデザインの提案をするわけです。

サロンカラーとホームカラーの違いってこれだけでも大きな違いですよね?

 

予備知識として今回はカラーにつて書きましたが。

あくまでも予備知識として・・・。


僕は、お客様に これ「何カラー?」って聞かれたら

「スペシャルなカラーですよ!」とか「オーダーメイドのカラーですよ!」

って基本そんなスタンスです。 

だってそれ以外の何物でもないですからね。

 

長々とご覧いただきありがとうございました。


 

 

 

 

 


 


 


ラシェンテ(La Sente)心斎橋 | 大阪・心斎橋・南船場 | 美容院 ラシェンテ(La Sente)トータルビューティー
PAGETOP